最近の悩みは前髪のハゲです。
日々をそこはかとなく生きているブログと言うかもはやツイッターレベルの日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
キャッチフレーズ集
自分のPRポイントをいくつかキャッチフレーズにして残しておきます。



仕事は自分から取りに行く!相手の仕事はしてくれたらありがとう!

□人に伝えられるのは自分の心で感じたことだけ!だから体を動かし体験を重んずる
就職活動を通じて考える comments(0) trackbacks(0)
自己分析してて思った事
一つ、私が人前で喋る事が苦手な理由として挙げられるのが、今出来る事は当たり前の事、と考える節があるためだと考えられます。



言い方を変えると、今の自分が当時も同じと考えていると言うか。

とりあえず、この1年の目標は、人の3倍成長する。なのですが、要はこの4年間で成長してきたことを言葉として拾いきれてないっつーか、忘れてるっつーか。
まぁ、これは前々から感じてはいたんですけどね。



今日ミクシィの日記をダラダラと読んでいて気付いた事。


仕事は待ってるもんじゃなくて、取りに行く必要があると言う事。

連絡係をやってる時にね、それに気付くのに3ヶ月近く掛かったわけなんですよ。
なんでそういう大事な事を早く話してくれないの? とか、もっとさっさと決めておいてよ! とか。

要は自分の仕事は飽くまで周りの幹部の決定をメーリングリストで恙無く回す事。それ以外はやらねーっていう姿勢だったんですね。


しかも3月の役職貰った段階では、自分の仕事は人を動かしていくことで、後輩も、同回も、先輩も全部動かしていけるだけの仕事をしなきゃいけない!!って言ってたくせに、メール回すだけで出来るとでも思ってたんですかね。

ま、少なくともオレがちゃんと今オレが思う仕事が出来てなかったのは、相手を信じられなかったから。
相手がこっちに手を差し伸べてくれるのを待ってたから。

あ〜、なんという腑抜け(笑


本当は、自分からこれやけどもう決まった?とかこれどうするつもりとか、最近こう感じるんやけどどう思う?っていうのを別に酒の席なんか用意しなくても、その場で話せば良かったんだ。
飯なんか食いに言って改まらなくても、気軽にどう思うって?話を促してさ。
全て仕事は自分始発でやればそれで良い。その後勢いに乗せるのは自分じゃなくても他の人でも出来るし、勢いに乗せるまでもなく、話せばそれで決まっていく事もたくさんある。
だから、周りが何もやってくれないのは、まぁそりゃ相手がやってくれてたらそっちのが楽かもだけど、そうじゃなくて自分が提案しないせい、訊かないせい、促さないせい。


それに気付いたから、オレはもっと自分から人と話そうって、もっと小まめに人と話そうって、相手の話ははなされるのを待つんじゃなく、自分の足で訊きに行こうって学んだんだな。


それが気付いたらやって当然だと思うようになってると、言葉にならないよね〜。


おそらく一応、人のやる気を引き出すには、人とまずトークして、仲良くならなきゃ、と思って後輩には世話を焼き、先輩には懐きにいったのは、まぁ今もあまり変わらないかもな。
それが大事だと思ったのは…やっぱり自分から話し掛けにいかなきゃ、相手も話したくない事はないだろうけどわざわざ来ないよな〜と思ったからか。
自分が1回の時話し掛けるの苦手で孤立しがちだったから、後輩には先輩からフォローしてやらなくちゃ、先輩はわざわざオレと話さなくてもいいだろから話し掛けに来ないだろうしオレから行かなきゃ、って。
んで、特に3回になって、人に来てもらうためには、自分が楔になって、オレが相手に良い思いをさせることでサークルに来たくなる理由になろうと思って、がんばって話そうとしてたんだな。


多分、これは抽象論。話し掛けに行く、という行動がわかりはじめてる点において具体性はかろうじて残ってるけどこの結論には、どうしたら良いのかっていうのがなかった。これが3回生の始まり。
つか、まぁ先輩後輩相手はまだそれで良かったというか、何と言うか。まぁ細かく人と話すときに何に気をつければ良いだろうか、目線とか、声のトーンとか、表情とかっていうのはより学んだかもしんないだけど


こと同回生に関して言うと、「これをしてくれて当然だ!」っていう観念があったんだろうね。
話してくれて当然、提案してくれて当然、理解してくれて当然………

きっとこういう甚だの勘違いはこれからもしていくんだろうけど、とりあえず、相手が仕事してくれて当然と感じるのは誤りだ。うん。
あー、止まったら終わりだ、止まったら腐る、水とおんなじで。
就職活動を通じて考える comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |