最近の悩みは前髪のハゲです。
日々をそこはかとなく生きているブログと言うかもはやツイッターレベルの日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【人付き合い】人と過ごすときのいろいろ
2009/07/27
ヤクザの実戦心理術―なぜ彼らの言いなりになってしまうのか
ヤクザの実際のエピソードになぞらえて、心理学を解説……というほど心理学に寄ってる訳ではないけど。
まぁ、とりあえずエピソード集って感じで、そっから何を読み取るのかは人次第って感じかな。
でもヤクザの基本は、人間の生存の欲求を脅かすことの出来る武力であって、恐怖っていうのはシンプルに人を動かす力なんだなぁ、と思った。


2009/08/30
彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ!
人間はより良い子孫を残すために生きている!という仮定のもと、いろいろな事例?を解釈くわえていく本。
そのために、男と女はお互いの魅力のシーソーゲームをしている……っていう感じの主張を中心に、なんやいろいろ。
良くも悪くも合理的というか、なんというか。必ずしも論理的なわけではない。けど、なんとなく、それもそれでわかる気がするって感じ。


2010/01/16
勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法
勉強会がいかにすばらしいかということを説いている本。
なんかもう目から鱗が落ちるような素晴らしいことが書いてあるわけでは正直ないんですが、勉強会と言うものに興味がある!という人に対しての導入書としてはありかなー、と。
勉強会に参加するメリット、勉強会の参加の仕方、作り方、人生観についてなどなどがコンテンツ。
忘れないためのインデックス comments(0) trackbacks(0)
【学問】こんな事が勉強できる本
2009年5月7日
美しい経済学―15歳からの大学入門
高校生向け(というには少々難解だけど)経済の入門書。
よく言われるミクロやマクロ経済の概要や考え方が、紹介されている。高校生の主人公が日常に即して経済学を理解していくと言うちょっと安っぽい物語に沿って説明されます。
経済学を全体的に雰囲気学びたいシチュエーションにはそこそこ適しているかと。でも言うほどは平易じゃない。


2009年5月23日
3時間でわかるマクロ経済学入門
マクロ経済学に絞った入門書。他に経済学入門、ミクロ経済学入門があるらしい。
一見開きに一トピックの解説を行っていて、左のページに文字による解説、右のページにグラフと式による図解という構成。
何度も前のページに行ったり来たりを繰り返す事になったので、こういう作りはどこに何が書いてあるかがわかって非常にわかり易かったです。
ただ、3時間では理解出来ません


2009年10月10日
財務3表一体分析法
財務分析について勉強できる本。
企業経営とはつまり、お金を集め、それを資産に変え、その資産から売上を産み、売上から効率よく利益を得ること、と捉えるられる。
それが上手くいってるのかをみること、らしい。そんで、それはすべてお金の流れだから、CSが大事らしい。
その指標はROE,自己資本比率、総資産回転率、売上高経常利益率の4つらしい。
忘れないためのインデックス comments(0) trackbacks(0)
【マーケティング編】今までに読んだ本の覚書
なんかアフィリエイトの目次になる記事を作っておけば、インターネット世界におけるハイパーリンクの性能を活かす事が出来る!と思いついたんで作っときます(笑


2009年4月17日
高くても売れる10のやり方
モノよりコトの時代だよねっていう話。いかに付加価値を与えるのが大事かっていうのを具体的事例をもとに説明しています。
ターゲットを「どんな人」から「誰」まで絞れって言うのは近いうちに使ってみようと思った。
わりと短いし言葉も平易で読みやすかった。ただ若干ものいいが過激というか極端なところはあるかな。まぁ、わざとなんだろけど。

2009年4月25日くらい
中高年のマーケットを狙え!―大人の時代の大人のマーケティング
中高年は金持ってて狙い目なんだけど、世の中はそれを誤解している!ってのを主張する内容。
シニアマーケティングは「思い出探し」がキーポイントらしい。内容は若干著者の知ってる事例の列挙。


2009年5月1日くらい
企画書は1行
企画書はそれをクリティカルに表現できる1行に、一球入魂…や、一行入魂しろという話。
それについての例示をつらつらと。中々腑に落ちた気がしてたけど、結局、一行入魂という概念しか記憶できてねーす。


2009年9月15日くらい
自分らしく生きるために―福祉の現場からのヒント
福祉現場の事例51個を通して、こうすべき、こう考えるべきという福祉利用者、提供者どちらにも向けられた本。
本論はタイトルの通り、「自分らしく生きること」の大切さを説いている。おおよそ人生観に近い話だけど、福祉と言う現場は文字通り命と接する場であるので、こういうことが大切なのだろうと思いました。
で、そのための実際にどうすべき、っていうのをいろいろ書いてました。
忘れないためのインデックス comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |