最近の悩みは前髪のハゲです。
日々をそこはかとなく生きているブログと言うかもはやツイッターレベルの日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
バイクのシートを代えました
バイクを買った当初からず〜っと代えたかったパーツ。それがシートです。
ブレーキレバーの大破により、レバーの注文ついでに、ついに手を出してしまったという感じです。

以下取り付けの様子とか。


まずシートを取り付けるには、前のシートを外すという工程があります。

…当然ですが。


そして、買ってから5年来放置のバイクはそこが一番の難関でした…orz
正直本気で取り外したこの日まで、シートがどうやってバイクに引っ付いているかも知らなかったので、恐る恐る該当すると思われる部分を外していきました。
下の写真の3箇所が正解です。


ボルトのサイズは12mmですね。



何が苦労したか。
2つはすぐ取れたんです。バイク進行方向右側と真ん中のボルト。
真ん中のボルトは取らなければ行けないことに気付くのに少し時間がかかりましたが。


問題は左側。
ボルトが固着して動かない。あーだこーだ、ちょっと前にここを弄ってたことがあったんですが、この時にもうすでにガッツリ削れてしまっていたんですね。
もう取れる気がしないよ〜。


ということで、ひたすら検討を重ねてみました。
その過程で気付いたことが。

・純正のタンデムグリップを外さないと、シートは外れない
・シートとタンデムグリップはおんなじボルトで固定されている

という話。
1時間以上ボルト一つに費やして、ようやっと打開できました。
ボルトが固着してんだから、中に挟んであるやつが動いたら外れるだろ。

中に挟んであるやつ=外れかけのタンデムグリップ

ということで、バイクに後ろ向きに跨って思い切り引いてやったら、グリッと動きました。
やっぱりここのボルトも上下に挟む方式的なやつなので、この方法だと内側も外側もどっちもネジが動いちゃうんだけど、一度動くと楽なもんで、六角レンチとボルト使って両面から回したら取れました。
もう二度とこのボルトは使わん。


ということで外して見た図。
汚い。あとで拭いておきました。

ちなみに純正シートや純正のタンデムグリップを留めているボルトは、リアフェンダーも一緒に留めているので、こんな風に落ちます。

ここで純正の雄ネジの方はさようならです。シートに付いてる短い雄ネジじゃないとリアフェンダーが留まらないので。


さて、購入前に私が気にしていた内容の一つ。
このスムースシートって奴は大きさはどれくらいなの?
意外と調べても載ってなかった。ような気がする。
ということで比較画像。
上側が前、下側が後ろです。



取り付け方なんですが、これはもともと純正のタンデムグリップの真ん中部分が刺さってたリアフェンダーの穴に同梱のボルトをぶち込むようです。という構造であれば、もともとタンデムグリップがあったところまでシートが伸びるって話なんだからシートはでかくて当然ですね。
シート自体もやや大きめというか、結構力づくで押し込んだところがありますが、まぁ出来上がってみれば寸法は概ねぴったりでしたね。
ちなみに愚か者のわたくしは先にシートとリアフェンダーを付けようとしましたが、普通に考えて、左右のボルトで先にリアフェンダーを固定するほうが楽でしょうね。


ビフォー


アフター1

アフター2


付けた当人としては結構満足です。
シートが広くなったので二人乗りはしやすかろうでしょうね!
まだしてないのでわかんないけど。
純正のシートは二人で乗ると結構窮屈です。運転手が結構前に出ないといけなくなるので、それに比べれば快適でしょう、多分。

ちなみにこのグラストラッカーは旧式のおそらく2007年式のやつ。FI車じゃない方。
なんでもFI車の方はシートがでかいらしいので、サイズが合わないのかな?

運転してみた乗り心地は、若干腰にもたれるところができたので加減速の時にわずかに負担が減ったように思います。ただ、そうじては大して変わってないか、若干悪くなったようなそうでもないような。
気にするようなレベルではないかと思われます。

一個気になったのはタンデムグリップがなくなったので、取り回しのときに掴めず、違和感というかちょっと不便でした。
もう過去形にしてやったぜ。



検索ワード
グラストラッカービッグボーイ grasstracker bigboy カスタム
シート 交換
NitroHeads ナイトロヘッズ ツーリングスムースシート
気になったバイクの覚書 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lone-symphony.jugem.jp/trackback/1358
<< NEW | TOP | OLD>>